データを作成・入稿する前の注意事項

入稿データは、データを作成するソフトによって、それぞれ注意して頂きたい点がございます。下記の表から作成に使用するソフトの注意点をご確認頂きデータを作成・修正を行って下さい。

※印刷データの容量は、1原稿につき500MB以内でお願い致します。データ容量が大きい状態ですと、入稿や当社の確認作業に時間が掛かり、印刷・発送までにお時間を頂く場合がございます。

イラストレーター、フォトショップでリンク画像などが複数ある場合、仕上がり確認用のPDFを一緒に入稿して下さい。

使用ソフト 形式 作成するにあたっての注意事項
Illustrator .ai
.eps

(1) 文字のアウトライン化は必ず行って下さい。

(2) 画像はすべて埋め込みではなくリンク形式にするようお願い致します。入稿する際には、画像ファイルを一緒のフォルダに入れご入稿下さい。

(3) 塗り足し3mm

(4) カラーはCMYK

(5) 印刷時のサイズに適した解像度(B3未満200dpi/B3以上150dpi以上)でご入稿下さい。

(6) 文字やオブジェクトなどを仕上がりサイズ付近に配置されますと、断裁時にわずかなズレが生じた際に切り落としてしまう場合があります。仕上がりサイズの内側3mm以内に配置するようにお願いします。

※PDFファイルをご一緒にお送り下さい。

Photoshop .eps

(1) データは印刷サイズと同じ縦横比率で作成をお願い致します。印刷サイズがA1サイズの場合、データサイズはA1サイズのまま、または縦横比率が同じサイズ(A4、B4、A3等)で作成してください。※データは余白が付かないように裁断致しますので、裁ちしろは必要ございません。

(2) カラーモードはCMYKにして下さい。

(3) 画像はすべて埋め込みではなくリンク形式にするようお願い致します。解像度が低いと印刷時に粗くなり、ぼやけや、にじんで見える原因となる場合がございます。解像度は最低100dpiで作成するようお願い致します。

(4) データが軽くなり、フォントの置き換わりも防ぐことができますので、必ずレイヤーの統合をお願いします。

※PDFファイルをご一緒にお送り下さい。

PDF .pdf

(1) フォントは全て埋め込みをしてください。

(2) 画像は全て埋め込みをしてください。(サムネールを埋め込み)

(3) 背景の色や画像が断ち切りになる場合、塗り足し3mmを必ず付けて下さい。

(4) またトラブル防止の為、備考欄に仕上がりサイズの記載をお願い致します。

(5) トリムマーク(とんぼ)は付けずにファイルサイズを実際の印刷サイズで作成して下さい。

(6) 文字やオブジェクトなどを仕上がりサイズ付近に配置されますと、断裁時にわずかなズレが生じた際に切り落としてしまう場合があります。文字やオブジェクトなど必ず表示したい要素は仕上がりサイズの内側3mm以内に配置するようにお願いします。

PowerPoint .ppt

(1) Microsoft Officeは本来、印刷用データを作成する為に作られたソフトではないため Officeデータから印刷物を作成する際、元のOfficeデータでのイメージと印刷物の仕上がりイメージが変わることがございます。ご了承ください。

(2) 太字・斜体下線・影・グラデーション・ワードアートは使用不可。Office特有の機能は使用不可です。

(3) 完成したOFFICEデータをPDFに変換して、ご確認頂いた後に『PDFファイルにて入稿』をお願い致します。

(4) PDFへの変換の際には、文字をアウトライン化して保存して下さい。

(5) PDFに変換後、必ずデザインの確認を行い入稿をして下さい。

Word .doc
.docx
Excel .xls
.xlsx
Mac .ai
.eps
.psd

(1) イラストレーターまたは、フォトッショプデータでご入稿をして下さい。

(2) ファイル名は、半角英数字にして下さい。

(3) 一つのフォルダへすべてのファイルを入れ、圧縮しお送り下さい。

※仕上がり確認用のPDFファイルをご一緒にお送り下さい。

TOP      お問い合わせ090−3715−1054