スクラッチカード加工説明と種類
Scratch processing

スクラッチクジなどでよく利用されているスクラッチ加工ですが、印刷技術の発展・普及によって
加工費用も高価でなくなってきました。飲食業やサービス業のキャンペーンなどで活用が進んでいます。

スクラッチ加工

スクラッチ加工は削り取った後の状態で印刷を行い、隠したいところを箔で隠すという方法をとっています。
隠す面積が大きくなればなるほど加工費用は高くなりますのでご注意ください。

スクラッチ加工の種類

スクラッチ加工の種類

一般的にスクラッチは印刷面の上に薄く銀色の箔を付けることで、そこをコインなどで削りますが、
最近では削りカスが出ないスクラッチ加工も可能です。
特殊なインキによってコインと紙の摩擦熱を利用して文字やイラストが浮かぶようになっているため、
カスが出なく飲食店などでも利用が進んでいます。

 メインに戻る  TOP